福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

研究報告

産業経済学科社会システム分析コース講義「社会システム分析の基礎A,B,C」の合同研究発表会を2012年7月3日、7月10日に行いました。

産業経済学科社会システム分析コースでの基礎演習(ゼミ)に対応する講義、「社会システム分析の基礎A,B,C」の合同研究発表会が、2012年7月3日(火)、10日(火)の2回にわたって開催されました。合同研究発表会とは、社会システム分析コースの栫井准教授、大石、斎藤、李教授の4つのゼミのゼミ生が、一堂に会し、互いに、5〜10分の研究成果の発表を行うものです。

今年は、企業の成長戦略、二日市温泉の活性化、経済心理学、行動経済学、福岡・熊本・黒川温泉の回遊行動調査分析報告など報告のテーマが多岐に分かれ、今回も活発な質疑応答、議論が行われました。

後期も、同じように開催する予定です。

プログラム

発表のタイトル、クラス、発表者は以下の通りです。

2012年7月3日(火) A101教室

1. 李教授
1-1 国内化粧品会社における中小企業の成長戦略について
EI112006 原 良郁, EI112026 栗山 貴裕, EI112106 松尾 祐樹
1-2 化粧品産業の活性化〜資生堂を例に〜
EI112133 鬼塚貴子, EI112167上松宏気, EI112015古賀香里
1-3 記録メディアにおけるブルーレイの成長戦略
EI112186 岡村拓幸, EI112185 八田明典, EI112003 藤谷翼, EI112147 原貴俊, EI112183 新貴光, EI112123 木立昇太
1-4 福岡大学の学生食堂の混雑緩和について
EI112018 三津家 翼, EI112155 東 佳佑, EI112070 ロウ シユエン

2012年7月10日(火) A101教室

2. 栫井准教授
2-1 黒川・二日市双方の温泉地のデータから見る二日市温泉活性化
EI112004 芹川 希, EI112019 篠崎 有紗, EI112056 宮川 ひかる, EI112069 柴田 功介, EI112098 池田 崇, EI112134 棚町 翔大
2-2 二日市温泉をよりよくするために
EI112035 林 雄大, EI112085 桑原 慎介, EI112104 平嶋 公輝, EI112123 船津 未貴, EI112191 岩本百合香
2-3 二日市温泉活性化政策
EI112110 後藤志歩, EI112128 宮本将野, EI112159 井元俊介, EI112169 酒村翔太, EI112180 川尻詩織
2-4 二日市温泉と黒川温泉の改善策と魅力
EI112042 光山 大介, EI112065 片山 潤, EI112057 井上 龍彦
3. 大石教授
3-1 ダニエル・カーネマン〜心理と経済を語るについて〜
EI112045 山元 良寛, EI112096 高原 亘平, EI112076 坂井 慎之輔, EI112089 五反田 奨平, EI112023 入澤 侑也, EI112156 上野 啓介, EI112011 神山 仁, EI112131 那須野 元気
3-2 幸福の計算式
EI112150 松浦 祥太, EI112145 松崎 太樹, EI112135 玉野 彰人
3-3 行動経済学
EI112192 永田 沙緒里, EI112173 月俣 志織, EI112050 小嶋 慶子, EI112064 平田 茉美, EI112172 三和田 知華子, EI112181 和田 恵子
3-4 ジェラルド・ザルトマンによる心脳マーケティングとは
EI112200 野口 裕貴, EI112120 笹山 公輔, EI112137 藤原 玄哲, EI112202 東明 恭平, EI112061 高比良 寛治, EI112081 木下 賢吾, EI112094 野田 健太
4. 斎藤教授
4-1 熊本都心部回遊行動調査
EI112009 木原廉, EI112103 小川麻衣子, EI112158 菅彩美, EI112008 白山志保
4-2 福岡都心部回遊行動調査
EI112007 日高 憂耶, EI112010 江口 彰朗, EI112016 小田 裕介, EI112021 出口 幹久, EI112048 大谷 優太, EI110100 溝口 翼, EI112130 飯野 貴義, EI112160 齋藤 真由, EI102186 坂田 遼太郎, EI112080 上野 創, EI112090 坂田 裕希, EI112092 森重 信太朗, EI112208 白水 智紀
4-3 2011年黒川温泉回遊行動調査分析結果報告
EI112036 古川圭佑,EI112198 永尾良太

Photograph

PhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhoto