福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

講演

2011年10月29日-30日に、OR学会九州支部平成23年度若手交流研究会&第2回講演会において、大学院生のTran Ngoc Huy氏が研究発表し、実行委員特別賞を受賞しました。

2011年10月29日(土)、30日(日)に、OR学会九州支部平成23年度若手交流研究会&第2回講演会において、大学院生のTran Ngoc Huy氏が研究発表し、実行委員特別賞を受賞しました。

日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部では,広い意味でのOR研究(応用数学,経済,情報など)に携わる,九州地区の大学生・大学院生を中心とする若手研究者が意見(研究)交換をする場を設けようということで、開催している合宿形式のセミナーで、今年が2回目です。

今年は、昨年に引き続き、大学院生の Tran Ngoc Huy氏が発表しました。

この論文は、ベトナム・ハノイ市の Hang Da Market の再開発前後でハノイ市の消費者回遊行動がどのように変化しているかを一致推定法を用いて推計したものです。

Tran氏の今後の研究発展を奨励しようということで、実行委員特別賞を受賞しました。

日時・場所

Photograph

Photo Photo Photo