福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

研究報告

2013年3月25日に宮崎市商工会議所主催「第1回宮崎都心部回遊行動調査分析報告会」にてFQBICと福岡大学経済学部産業経済学科社会システム分析コースの学生が研究報告を行いました。

2013年3月25日(月)に宮崎市商工会議所主催「第1回宮崎都心部回遊行動調査分析報告会」にてFQBICと福岡大学経済学部産業経済学科社会システム分析コースの学生が研究報告を行いました。

この研究会は、2012年12月に行った「第1回宮崎都心部消費者回遊行動調査」にもとづいて、宮崎都心部にどれだけの消費者が訪れているのか、来街者はどのような店舗構成を望んでいるのかなどについて研究報告を行いました。

日時・場所

プログラム

1. 宮崎都心部を訪れている来街者はどのような人達なのか?
福岡大学経済学部産業経済学科3年 安在芙実子
2. 宮崎都心部来街者はどのようなところを訪れ、いくら支出しているのか?
福岡大学経済学部産業経済学科3年 末信朝子
3. 宮崎都心部へ1日何人訪れて、どこにどれくらいの人が回遊しているのか?
福岡大学都市空間情報行動研究所 岩見昌邦
4. 宮崎都心部来街者は、日常、どのようなところで買物しているのか?〜都心部-郊外とでどんな使い分けを行っているのか?〜
福岡大学経済学部産業経済学科3年 安藤智樹
5. 宮崎都心部来街者は宮崎都心部にどのような店舗を望んでいるか?
福岡大学経済学部産業経済学科3年 丸山千尋

Photograph

PhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhoto