福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

まちづくりマーケティング調査研究報告会

2013年2月13日にまちづくりマーケティング調査研究発表会を開催しました。

2013年2月13日読売新聞西部本社1階よみうりプラザで、2012年度まちづくりマーケティング調査研究発表会を開催しました。

本研究発表会は、福岡大学都市空間情報行動研究所と経済学部産業経済学科社会システム分析コースの講義フィールド研究が相互に連携し、学生自らのまちに対する興味・関心にもとづいて調査研究を行った成果を「まちづくりマーケティング調査研究発表会」において報告することを目的として毎年開催しています。

今回の発表会では、福岡、鹿児島、熊本、大分、宮崎、別府の主要都市での回遊行動や、消費者のお得感、併訪行動に着目した研究などが報告されました。

日時・場所

プログラム

第1セッション

1) 10:30-10:40 鹿児島中央駅と天文館地区における介在機会効果について
上野創,森重信太朗,溝口翼,出口幹久,小田裕介,坂田裕希
2) 10:40-10:50 H&MとForever21の開業で西通りの回遊は高まったのか?
日高憂耶, 江口彰朗, 大谷優太, 白水智紀
3) 10:50-11:00 桜の馬場城彩苑の開業でお城と中心商店街との回遊は高まったのか?
白山志保, 木原廉, 小川麻衣子, 菅彩美
4) 11:00-11:15 福岡大学の学生は、黒川温泉をどう評価したのか?
森貴明, 永尾良太, 古川圭佑, 江口智之
5) 11:15-11:30 Welcome Fukuoka Campaign参加者の行動履歴からみた外国人観光客の福岡都心部での回遊行動に関する基礎的調査研究
于宏(大学院 M2)
6) 11:30-11:45 九州新幹線が全線開業から2年〜新幹線が九州にもたらしたのは?〜
畝原宗一郎

11:45-12:30 昼食

第2セッション

7) 12:30-12:45 宮崎都心部来訪者は日常どのような購買行動をしているのか?
末信朝子, 安在芙実子, 丸山千尋, 増田采果, ウェン・ティ・トウイ・ユン(研究生)
8) 12:45-13:00 宮崎都心部の魅力を高めるには、どんな長所を伸ばし、短所を克服すべきか?
川守清貴, 畝原宗一郎, 権藤俊彦, 安藤智樹, 中村友梨香
9) 13:00-13:15 大分都心部にどれだけの人が訪れ、何を買っていくのか?
末永春吾, 吉田航, 三苫蔵人, 湯之谷翔, 是松佳奈, 池見康行
10) 13:15-14:30 大分駅ビル再開発によって、大分駅とトキハ・商店街の回遊は高まるのか?
金澤啓介, 野崎崇平, 山口大将, 七夕里花子
11) 13:30-14:45 別府市で買物・レジャー・食事・観光目的で人はどのように回遊しているか?
山田太平,岩崎真琴,井上忠和, 中尾壮志,森山正貴,久間史子,糸山真太郎, 山田峻也

13:45-13:55 休憩

第3セッション

12) 13:55-14:10 別府市をさらに魅力的なまちにするにはどうすればよいのか
山田太平, 岩崎真琴, 中尾壮志, 山田俊也, 久間史子, 井上忠和, 糸山真太郎, 森山 正貴
13) 14:10-14:25 二日市温泉について人口、金額からの分析
山内拓也, 齋藤真司, 服部修也, 尾方優太, 北岡翼, 合原啓輔
14) 14:25-15:40 自宅から福岡都心部への移動時間と移動コストの関係と併訪
服部亜矢, 宮原由依, 皆川綾香
15) 14:40-14:55 JR博多シティ開業以前と以後の買い物行動の変化
佐々木彩乃, 田中ちひろ, 大石順菜
16) 14:55-15:10 スマートフォンを用いた回遊履歴データの自動収集と “みえる化”
宇野元基, 喜納一馬, 江口智之

15:10-15:20 休憩

第4セッション

17) 15:20-15:35 九州新幹線全線開業は鹿児島都心部へどのような変化をもたらしたのか?
森俊也, 宮脇良太, 桑野拓也, 橋本遼
18) 15:35-15:50 なぜ人々はアウトレットモールに行くのか〜行動経済学より検証〜
千秋奈菜, 野田若奈
19) 15:50-16:05 回遊ステップが増えるにつれて来街者の平均支出額が減少するか。
岩本大志, 齊藤伸明, 村田雄馬, 友利翔馬
20) 16:05-16:20 Applying prospect theory to trip chaining behavior
イ・ヘイン(研究生)

総括 16:20-16:30

斎藤参郎(福岡大学都市空間情報行動研究所所長)

Photograph

PhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhoto