福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

研究報告

2011年9月12日に、A203教室において、経済学研究科博士学位申請論文事前発表会が開催され、博士課程後期 Tran Ngoc Huy氏と朴富榮氏が発表を行いました。

2011年9月12日(月)に、福岡大学A203教室において、経済学研究科博士学位申請論文事前発表会が開催され、博士課程後期 Tran Ngoc Huy氏と朴富榮氏が発表を行いました。

Huy氏は、ハノイの中心市街地は、伝統的な市場(いちば)の活気などアジアの都市の魅力をもつものの、衛生面やスペースの狭さなど、多くの問題を抱えており、これらの問題を解決するために伝統的な市場の再開発が企画されている。しかし、再開発によって、どのような効果がもたらされたのか、を、具体的に計測、推定した研究は、ほとんどないことから、これを消費者の回遊行動の具体的な変化から、推定、計測する枠組みを提案し、一致推定法にもとづく実数ベースの入込者数の推計と中心市街地内の実数ベースの回遊移動者数の推計から、再開発の子影響を予測、評価する研究を発表しました。

朴氏は、これまでの観光政策に関する研究では、観光政策の違いによって、観光客の行動がにどのように変化するか、など、観光客の行動分析にもとづく観光政策の評価に関する研究がほとんどない。そこで、観光客の回遊行動に着目し、九州全域、太宰府市、ソウルの明洞地区などの具体的な地域を取り上げ、そこで観光客の回遊行動調査を実施し、これらの地域、地区における観光客の具体的な回遊行動の分析を通して、回遊行動にもとづく観光政策評価の方法を提案する研究を発表しました。

日時・場所等

発表タイトル

Tran Ngoc Huy(福岡大学大学院経済学研究科博士課程後期(社会工学専攻))
Evaluationg the effects of the redevelopment of retail facilities from consumers' shop-around behaviors at city center commercial district: An empirical study in Hanoi, Vietnam.
朴富榮(福岡大学大学院経済学研究科博士課程後期(社会工学専攻))
回遊行動アプローチにもとづく観光政策の評価に関する研究

Photograph

Photo Photo Photo Photo