福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

研究報告

太宰府市担当者と太宰府市観光回遊行動調査の打ち合わせを行いました。

2010年5月25日(火)文系センター棟第6会議室において、福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)の関係者、大学院生、ポストドクター、また、本調査の企画実施を担当している産業経済学科社会システム分析コースの学生が、太宰府市担当者と、5月29日、30日に予定されている太宰府市観光回遊行動調査の調査票設計の最終の打ち合わせを行いました。

今回の観光回遊行動調査は、福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)と太宰府市との共同研究のもとで行われる予定ですが、学内の「特色ある教育」プロジェ クトの一環として、産業経済学科社会システム分析コースの社会システムワー クショップI、社会システム分析ワークショップII、フィールドスタディとも連携し、これらの受講生が調査票を企画・設計しています。

今回の太宰府市観光回遊行動調査は、太宰府市の観光政策や車の渋滞対策に対して、どのような政策が有効であるかを、太宰府市と共同で探るために企画されています。

写真 写真 写真