福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

研究報告

フィールドスタディの講義の一環として、北九州市戸畑地区調査実施の打ち合わせを行いました。

2009年11月16日(月)に、経済学部産業経済学科のフィールドスタディ受講生が北九州市戸畑区へ訪れ、調査の打ち合わせと戸畑駅前地区商店街の視察を行いました。

工業地域である戸畑地区の人口減少や高齢化によって駅前地区商店街が衰退化し、また、戸畑駅と商店街の間に4車線道路が遮り、回遊性が失われている現状を踏まえ、今後商店街がどのように歩めばよいのか、また戸畑サティを含めた戸畑地区の回遊促進のためにはどのような政策が必要なのか、そのためにはどのような調査が必要なのかを打ち合わせしました。

今回参加した学生は北九州出身者で、北九州をなんとかしようという思いが強く、今回の調査企画を立てました。

打ち合わせの前に、戸畑駅や、戸畑サティ、中本町商店街を訪れ、戸畑の街の現状を視察しました。

写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真