福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

毎日新聞共同研究

経済学部創立50周年・福岡大学都市空間情報行動研究所設立10周年記念公開シンポジウムが開催されました。

2009年9月11日(金)に、福岡大学経済学部創立50周年記念・福岡大学都市空間情報行動研究所設立10周年記念公開シンポジウム「九州観光の未来を考える〜アジアの観光客動向から九州新幹線開業の効果まで〜」を開催しました。

シンポジウムには、九州の観光産業に関わる関係者、運輸業界、行政関係者、一般参加者、研究所関係者も含めて約400名が出席しました。

シンポジウムの内容については、毎日新聞2009年9月12日(土)朝刊1,22,23面に記事が掲載されています。

最後に本シンポジウム開催にあたりまして、関係者各位に厚く御礼申し上げますとともに、今後も引き続き、ご協力・ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

プログラム等

プログラム等についてはシンポジウムのお知らせをご覧ください。

研究成果報告

研究成果報告を次よりダウンロードできます。

Photograph

photo photo
写真:毎日新聞社

展示ブース

シンポジウム当日は、観光関係の展示ブースを設置致しました。

測位衛星技術株式会社
地下街などGPSが使えない場所でも測位できるシームレス測位IMESの展示
特定非営利活動法人高度人材アカデミー
国土交通省チャリティサポートモデル事業、天神WIFI化について
表示灯株式会社
地下鉄天神駅などに設置されているナビタッチの展示
株式会社丸善
司馬遼太郎の『街道をゆく』(朝日文芸文庫)全43巻の他、九州観光関係の書籍の展示販売
photo photo photo photo