福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)

研究報告

We Love 天文館協議会主催平成20年度福岡大学による天文館消費回遊行動調査」報告会開催

We Love 天文館協議会主催平成20年度福岡大学による天文館消費回遊行動調査」報告会において、FQBICが昨年実施した第1回鹿児島都心部回遊行動調査の結果報告を行いました。

報告では、鹿児島三越閉店後の消費需要を天文館地区に取り組むための工夫が必要であることを報告しました。

フロアからは、郊外ショッピングセンターとの関係や、鹿児島三越閉店後の天文館地区の対応についての質問がありました。

報告会では地元メディアの取材があり、報告会の内容が地元放送局で放送されました。

研究報告

1. イオン鹿児島開業前後の天文館地区の通行量の変化について
発表者:中村幸太(福岡大学経済学部産業経済学科3年生)
2. 天文館地区の回遊行動分析
発表者:佐藤貴裕(福岡大学大学院経済学研究科博士課程前期)
3. 鹿児島消費者の映画行動に関する研究
発表者:小山貴史・尾野健太(福岡大学経済学部産業経済学科3年生)
4. 回遊行動からみた鹿児島三越閉店による天文館地区への影響について
第1部発表者:山城興介(福岡大学都市空間情報行動研究所ポストドクター)
第2部発表者:斎藤参郎(福岡大学都市空間情報行動研究所所長)

Photograph

photo photo photo photo photo photo photo